--> CQhamradio創刊70周年記念アワード 公式ページ
2016.2開設

ビギナーからベテランまでチャレンジできる
 CQ ham radio 創刊70周年記念アワード

アワード画像

CQ ham radio 創刊70周年記念アワード 公式ページ

CQ ham radioは2016年9月号の発刊をもって創刊70周年を迎えます.
そこで長年に渡るご愛読に感謝の気持ちを込めて記念アワードを発行させていただくことになりました.
期間は1月1日〜12月31日までの交信が対象で,コールサインが異なる10局と交信(受信)することで申請によりアワードを発行いたします.

当ページはリンクフリーです

申請受理済みの方をコールサインで
検索できます

エントリー検索   8月29日更新

アワードをお送りした方を掲載します
創刊70周年記念アワード
取得者一覧


8月25日更新

専用ログ・シート  ダウンロード    EXCEL  PDF




ルール

対象交信期間

2016年1月1日〜2016年12月31日

申請受付期間

2016年3月1日〜2017年1月31日(期間内消印有効)

発行対象

日本国内のアマチュア局(SWLを含む)

移動範囲

日本国内

ルール

コールサインが異なる10局と交信する(SWLは受信)

周波数

アマチュアバンド(免許された範囲内)

特 記

上記条件に加えて,以下の条件を満たすときは,申請により証書に特記を記載する.組み合わせは3つまで.   例)7MHz SSB QRP

バンド 

一つのバンド(周波数帯)で異なる10局と交信する
または、WIRESで異なる10局と交信する
           ※申請の際はバンドを具体的に記載すること

モード 

一つのモードで異なる10局と交信する
(CW/SSB/AM/FM/SSTV/RTTY/PSK/JT/D-STAR/C4FM/EME/Satellite)
 電波型式(J3Eなど)や一括記載コード(4SAなど)はNG
           ※申請の際はモードを具体的に記載すること

Oneday 

1日で異なる10局と交信

QRP 

出力5W以下で交信

JCC 

日本国内の異なる10市と交信

JCG 

日本国内の異なる10郡と交信

市郡区 

日本国内の異なる10の市,郡,区と交信     ※ 市・郡・区混ざってOK

DXCC 

ARRL制定DXCCに定める10エンティティー(カントリー)

補 足

コールサインが同じ局との交信はバンド,モード,QTH,日付が異なっても無効.
オペレーターが同じでもコールサインが異なれば有効.

Oneday特記は,JSTにおける同一日であること.

VoIP通信は,通信経路内の一部にアマチュア無線の電波が利用されていれば有効(インターネット内で完結するものは不可).
D-STARはDVモードが対象.

期間中のコンテストでの交信も有効.

「WIRES」特記をバンド特記に追加.
申請の際は申請用紙のBAND欄を MHz としてください.
他の特記との組み合わせも可能.
例)WIRES-XのFMノードを使い、1日で異なる10局と交信 → WIRES/FM/Oneday



申請方法

140円分の切手と専用ログ・シートを次の住所に郵送する

郵送先                      ※住所が変わってます.ご注意ください.
〒112-8619 東京都文京区千石4−29−14
CQ出版社 CQハムラジオ編集部 70周年アワード係

申請受付期間

2016年3月1日〜2017年1月31日(期間内消印有効)


申請上の留意点

QSLカードの有無は問わない

切手と申請書は,申請ごとに提出する

1回の申請における特記は3つ以内

特記が異なれば複数回申請可能

アワード取得者のコールサイン・名前・特記を本誌上およびWebサイトに掲載する

専用ログ・シートの感想・コメント欄に書かれた内容は誌面やWebサイトに掲載されることがある.

ルールは予告なく変更・追加されることがある.

アワード未完成,書類不備,申請内容の確認困難,そのほかの理由で申請書類を返送する場合がある.


お願い  

コールサイン・名前・住所の書き忘れにご注意下さい.アワードを発行できません.

額面10円以下の切手、糊のない切手はご遠慮下さい.


質 問

アワードに関する質問は申請先まで郵便またはE-Mail(hamradio アットマーク cqpub.co.jp)にて.



特 別 賞

特別賞として次の2つを設け,完成された方に「楯」を進呈.
特別賞のログはE-mailによるデータ受け付けのみとします(書類では受け付けない).

※ 特別賞は、SWLは対象外です。

申請用フォームのダウンロードはこちらから
 特別賞用 特設サイト  http://cqhamradio.info/2016award/


特別賞の条件 特別賞は下記の2種類です。特記はありません。
DXCC270

対象交信期間内に270以上の異なるエンティティーと交信する

DXCC265

対象交信期間内に265以上の異なるエンティティーと交信する。
 DXCC270を申請された方はDXCC 265の申請はできません。

市郡区1000

対象交信期間内に1000以上の日本国内の異なる市郡区と交信する(市郡区の合計)

  補 足
  • 市郡区1000において、政令指定都市のカウントについては、「区」としてカウントし、
     「市」としてはカウントしません。
      例) 川崎市川崎区の局と交信した場合、川崎区としてカウント。

  • DXCC270を申請された方はDXCC 265の申請はできません。
     DXCC265を申請された方で、申請受付期間内にDXCC270を成就された方は、
     DXCC270のアワードのみお渡しします。


  • 特別賞の
    特別ルール

    @運用地が異なる同一コールサインの局との交信も有効
      例1)JA1YCQ/1世田谷区とJA1YCQ/1文京区と交信・・・それぞれ有効
      例2)KH6/JA1YCQとDL/JA1YCQと交信・・・それぞれ有効
    Aアワード申請はE-mailでのみ受け付け.そのほかは基本ルール・条件に同じ
          ※ 郵送では受け付けていません。


    特別賞申請時
    の提出書類
    について

    CQ ham radio 70周年アワード申請書(特別賞用)をダウンロードして記入したものと,ログ・データをE-mailに添付して送付(E-mailアドレスは申請書に記載).
    ログ・データは電子ログを利用したEXCELまたはCSV形式のファイルで,
    @交信日時 
    A交信相手のコールサイン 
    Bバンド 
    Cモード 
    D特別賞に応じたデータ(例:「市郡区1000」の場合は市郡区番号)
     1QSO 1行で記入する.





    読者の声
    読者の声 投稿ページ
    CQ ham radio 新刊案内
    別冊CQ ham radio



    Copyright 1997-2016 CQ Publishing Co.,Ltd.